国立小学校受験対策「カーサ・フェミニナ」過去問題集の感想

国立大学附属小学校を受験する娘。

我が家は、塾や幼児教室には通わないという選択をしました(講習会、模擬試験は受講しています)。

 

いくつか問題集を購入し、家庭で受験対策を進めています。

そのうちのひとつ「カーサ・フェミニナ」の過去問題集をやってみた感想をまとめました。

 

問題集、色々あるけれどどれがおすすめ?

カーサ・フェミニナの問題集ってどう?

と疑問を抱えていらっしゃる、どなたかの参考になりましたら幸いです。

カーサ・フェミニナって?

名門、幼・小・中・高受験専門の塾です。

カーサ・フェミニナHP

そちらが出版されている問題集です。

 

私はネットで注文したのですが、発送前に、ご丁寧にお電話をいただきました。

そして、届いた問題集の中には、塾の宣伝のようなものがものすごく沢山入っていました。

入会願書、過去の合格者人数、親御さんからのお礼状などなど・・・

 

届いた問題集の半分は、それらの広告、そして半分が問題集という感じでした。

カーサ・フェミニナ過去問題集の内容

※HPより画像をお借りしました。娘の受験校とは異なります。

過去問題集は下記で構成されていました。

  1. 昨年の過去問
  2. 幼児テスト

 

昨年の過去問は、B4用紙のものが6枚でした。

幼児テストには「このテストは、小学入試を受ける方の準備テストです。約8割が合格ラインです。」と記されていました。

こちらの幼児テストも、B4用紙のもので、8枚でした。

 

この他に、プレゼントとして「小学受験 幼児テスト トライC」という問題集を同送していただきました。

これは、A4用紙で切り離せるようになっていまして、10枚でした。

 

問題集は、HP、楽天市場などでご購入が可能です。

カーサ・フェミニナ過去問題集の感想

娘が受験する小学校の過去問題を知ることができたのは、大変良かったです。

内容は、受験者に聞いた情報や、今受けている講習会のものとだいたい同じで、レベルもそんなに高いものではありません。

 

ただ、幼児テストというものが、結構娘には難しかったようです。

それでも平均点は採れていましたが、レベルがだいぶ高いかなという印象でした。

 

また、プレゼントでつけていただいた問題集も、娘には難しかったようです。

私が少し解説を加えないとできないものがありました。

 

問題の題数が少ないことや、娘の小学校で出題されそうなレベルからかけ離れていたことなどから、お値段が高いなと感じてしまいました。

しかし、もう一通り同じ問題で復習し、解けるようになっておけば安心だなと、前向きにとらえることにしました。




まとめ

ご家庭で小学校受験対策をする場合、まずは受験される小学校で過去に出題された問題を知ることが重要です。

そこから、傾向を知り、さらにお母様が分析されて、対策をしていくのが一番の近道だと思います。

私は、娘の小学校受験を決めたときにすぐ、過去問題が含まれている問題集をネット検索し、最初に3社購入しました。

 

順番に取り組んだのですが、「過去問題」とうたってはいても、各社内容が違いました。

1問も、同じ内容のものはありませんでした。

 

過去問題って、入手できるものなのでしょうか?

何となくの想像なのでしょうか?

聞いた情報を元に、プリントにおこしているのでしょうか?

 

わかりません。

しかし、各社の過去問題の内容は、受験者の親御さんにお聞きした情報と似たようなものでしたので、まずは全てを信じて「いつかの過去に出題されたものなのだろう」と思うことにしました。

 

3社取り寄せた問題集は、どの出版社のものも、「過去問題」と「対策問題」がセットになっていました。

過去問題を知り、さらに対策問題をこなす中で、苦手分野を知ることができます。

 

カーサ・フェミニナさんの過去問題集も、結果、購入して良かったとは思っています。

一度解くだけで終わらず、もう一度復習もして、今後に活かしていきたいと思います。

おすすめの関連記事

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪