薬が嫌い!飲んでくれない!子供への8つの対処法とコツ

お子様が、薬を飲んでくれなくて困った経験は、ありませんか?

 

我が子は、ありがたいことに、風邪をひいたり、体調を崩したり、ということが少ないほうです。

それでも、幼稚園に行くようになり、インフルエンザにかかったり、ストレスから蕁麻疹が出たり、というようなことが以前より増えてきました。

 

多少のことでしたら、薬を拒否する我が子に「無理矢理飲ませなくてもいいかっ」という考えの私ですが、それでも、

「今回は薬を飲むべき!」

「飲んでくれないと困る!」

というときも、あります。

 

薬を飲むことを頑なに拒否し、決して小手先で騙されない、うちの娘。

そんな娘でも、何とか飲んでくれることがある、いくつかの方法をご紹介します。

 

同じように悩まれている、どなたかの参考になりましたら幸いです。

 

何で薬を飲まないの?

娘は、もともと、少し神経質なところがあり、頑固で、とにかく気難しい性格です。

 

一度、自分の中でダメ!となったら、その後はとにかく、ダメ。

薬は、本当に小さな頃から、飲んだことがありませんでした。

 

ありとあらゆる言葉で説得しても、誘惑してみても、騙そうとしてみても、

「絶対ムリ!こんなの飲めない!」

で、終わってしまいました。

 

病院に行った時間、損した。

毎回、そう思っていました。

 

娘の場合、どうしても、

が嫌なのだと、いいます。

 

我慢できないそうです。

 

でも、今回はどうしても、飲んだほうがいい!

そういう時に試したいくつかの方法を、ご紹介します。

 

うちの娘ほど頑固なお子様は、そうそういないと思いますので、いつくか試していくうちに、きっと飲んでくれるようになるのではと思います。

薬が嫌い、飲まない子への対処法とコツ

ジュースに混ぜる

シロップや、溶けやすい粉薬でしたら、お子様が好きなジュースに混ぜてあげると、すんなり飲んでくれるかもしれません。

娘は、普段の飲み物は、基本「水」です。

あえて、甘いものを与えていないとか、制限しているわけでは決してないのですが、ジュースをすすめても、あまり飲んだことがありません。

 

しかし、一時期、ヤクルトや、リンゴ味の乳酸菌飲料を気に入って飲んでいたことがあり、その時期にお薬を混ぜたら、案外すんなりと飲んでくれました。

ただし、数回だけで、あとは飲んでくれなくなりました。

アイスに混ぜる

子供にとって、アイスは特別なもの。

 

病院の帰りに、必ずアイスを買って、

「薬混ぜて食べようね!」

というと、喜びました。

 

最初はバニラのアイス。

すぐに、バニラ味では薬の味がするから嫌だと言い出したので、

チョコレート味に切り替えました。

 

やはり、アイスクリームの味が濃いほうが、薬の味は薄まるみたいです。

ヨーグルト、プリン、ゼリー、ジャム、などでも代用できそうですが、娘はそういった子供が好きそうなものを好んで食べないので、我が家ではそもそも試したことがありません。

ただ、生クリームに混ぜるという方法は、何度か成功しました。

チョコレートに混ぜる

薬ごときに、バカみたいな話なのですが。

一度、湯せんで溶かしたチョコレートに、薬を混ぜて、固まらせる、ということも試しました。

 

ちょうど、家に100均で購入した「キティーちゃん」のチョコレート型があり、最初は喜んで食べてくれました。

しかし、もともとチョコレートをあまり好きではないのと、やはり薬の味がするそうで、2度までしか使えませんでした。

水あめに混ぜる

私が住んでいる地域では、お祭りの屋台に欠かせない「水あめ」屋さん

娘はこれが大好きで、家でも時々作っていました。

 

それを食後3回も食べられる!

ということで、これは娘のお気に入りの方法です。

【用意するもの】

  • 粉薬
  • 水あめ
  • ふわふわせんべい

【作り方】

1.水あめと、粉薬を混ぜる

 

2.ふわふわせんべいで挟む

以上です。

とっても簡単。

ですが、最近になり、こちらもだんだんと嫌がるようになってきてしまいました。

ペースト状にする

これは、赤ちゃんの時期に何度か試したことがある方法です。

粉薬に限られますが、水を1~2滴加えて、混ぜ、ペースト状にします。

 

それを上あごにすりつけて、一気に飲み物で流し込みます。

本当に赤ちゃんの時期だけでしたが、これは一瞬で飲んでくれますので、助かりました。

 

ただ、成長し意識がはっきりとしてきた時には、全く使えなくなりました。

フルキャラアイス

娘が、CMをみて欲しがったものです。

ちょうど、薬をのまなくて困っているときに、購入しました。

 

専用の容器に、ジュース、塩、氷、水をいれて、フリフリするだけで、シャーベットが出来上がります。

ジュースなら何でも使えるというところが、とても便利です。

 

ずっと欲しかったものということもあり、これに薬を混ぜると、それは喜んで食べてくれました。

この方法は、随分長く使えました。

その後、また飽きてきたときには、砂糖を入れて、少し甘くしてあげると、ほとんど残さず食べていました。

「フルキャラアイス」は、キャラクターの種類が豊富で、みているだけでも楽しくなってしまいます!

ちなみに、我が家は「トイ・ストーリー」に登場する、エイリアンです。

製氷型にジュースと薬を混ぜてアイスにする、という方法もいいかもしれません。

時には普通に飲ませる

本当に手を焼いていたときに、主人が娘を説得して、飲ませていました。

 

まず、自分が普段飲んでいるアレルギーの薬を飲む姿を見本で見せて、それから娘にも

「これが一番早くて簡単だよ!」

と声をかけていました。

 

ただ、娘は、小さなお皿に粉薬を入れて、少しずつ、少しずつ、指につけてなめていました。

主人がいないときも、「そのまま飲んでみる!」と、その後何度かは使えた方法でした。

言葉で理解させる

最終的には、もう、言葉で説明します。

 

どんな方法でも、最近では飲んでくれないことが多いのですが、

薬を飲むことの利点を教えてみたり、

飲まないとどうなるのか脅してみたり、

絵本を読んで、病気が治る方法を意識させてみたり

とにかく、諦めずに伝えようという努力をしています。

 

【絵本でしたら、こちらがおすすめです☟】

 

まとめ

私は、基本的には、「薬なんか、飲まなくていいよ~」という考えではあります。

 

しかし、

今回は絶対に飲んでほしい!

という時、娘の薬嫌いには、本当に手を焼いています。

 

薬を飲んでくれない

薬を飲むことを極度に嫌がる

もう、本当に何を言ってもムリ

 

というお子様をお持ちのお母さんの、お役に立てましたら幸いです。

早く良くなりますように・・・

 

関連記事☟

子供の「お風呂嫌い」は簡単に解決できる!10のアイデア

2017.05.08

おすすめの関連記事

 

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪