連休明けがつらい!登園拒否は問題行動?原因と理由、解決法

お子様の登園拒否にお悩みですか?

 

かつての私も、そうでした。

 

「幼稚園嫌だ!」

「幼稚園なんて、行きたくない!」

「今日はお休みしたい!」

 

あぁ、また今日も、目覚めた瞬間から、嫌な空気・・・

 

娘は、幼稚園に入園してから数日は、順調に通園できていました。

しかし、突如、登園拒否をするようになりました。

 

  • 土日明けの月曜日
  • ゴールデンウィーク明け
  • 長期の連休明け

 

少し慣れてきたなぁと思ったら、連休明けのたびに、また振り出しに。

 

悩みに悩み、長く続いた、娘の登園拒否。

 

しかし、年長になった現在、娘は幼稚園に毎日楽しく登園するようになっています。

 

今回は、ひどい登園拒否だった娘を、楽しく登園できるようにした、私の体験談をまとめました。

どなたかの参考になりましたら、幸いです。

 心も身体もまだまだ未熟

幼稚園の場合ですと、3歳、または4歳で入園される場合が多いのではないかと思います。

 

娘は、3月末に生まれたので、入園したときは

「つい、一週間前まで、まだ2歳だったよね」

という感じでした。

 

4歳を迎えてから入園したお子様にしても、この年齢の心の成長に、そんなに大差はないのではないかと思います。

 

いずれにしても、この世に生を受けて、まだ3、4年の人間に、

上手な生き方

問題が起きたときの、うまい切り抜け方

など、わかるはずもありません。

 

まだまだ、何もしらない、状態なのです。

 

親元から離され、たったひとりで、ポンと社会に放り出されて、どれだけ不安なのかは、容易に察しがつきます。

「心も身体も、まだまだ未熟なのだな・・・」

娘が登園拒否を起こして、そんなことに改めて気づかされました。

 

「外の世界は、危険がいっぱい!」

登園拒否は、いわば、その子なりの、防衛手段です。

 

問題行動として捉えるより先に

原因や理由を問い正すよりも先に

まず、子供の気持ちを受け入れてあげることが、必要なのではないかと思います。

 

お子様は、お母さんを困らせてやろう、などとは決して思っていません。

まだ小さい未熟な心で、何も分からない中、必死でもがいています。

その心の叫びが「登園拒否」という、表立った行動につながっているのでは、ないでしょうか。

「登園しぶり」は、むしろ安心していい

私は、娘が

幼稚園嫌だ!

幼稚園、行きたくない!

と言ったとき、まず、安心感を覚えました。

 

お母さんとして、私は娘に信頼されているのだと、感じました。

 

なぜなら、私自身が、親に自分の意思を伝えることができない子供だったからです。

 

どうせ、嫌だって言っても、自分の気持ちは受け入れてもらえない。

どんなに拒否を続けても、無理矢理、行かされる。

もう、何を言っても、無駄なんだ。

 

私は、そんな絶望感を、わずか3歳のときに味わいました。

 

それ以来、私は、

「これから先どんなことがあっても、自分の気持ちは受け入れてもらえないのだ」

と、諦めました。

 

とにかく、家ではおどけて、幼稚園、小学校、中学校、高校が、楽しくて仕方がない、というふうに、振る舞っていました。

 

内心は、毎日が恐怖と、絶望感に支配されていました。

 

私の母に、大人になってから言われたことがあります。

「あなたは、どの時も、いつも本当に楽しそうに学校に通っていたね」と。

 

私は、親に心配をかけたくなくて、常に楽しい自分を演じていたので、無事、騙し通すことができていたのだなと、ほっとした記憶があります。

 

どんな親でも、子供は、親を愛してしまいます。

今でも、涙が出ます。

 

娘には、絶対にそんな思いはさせるまい。

私は、必ず娘の気持ちに寄り添い、娘を救ってあげよう!

はじめて登園拒否を起こした日の朝、誓いました。

原因も理由も特定はできない

娘は、とにかく自分の気持ちを言葉にして伝えるタイプです。

 

私は、そのほうが対処がしやすくて楽だ、と思っていました。

 

しかし、今になって思うのは、本当のところは、原因も理由も、特定できるはずもない、ということです。

 

言葉に出来る子も、何も言えない子も、本当に些細なことが、その時の登園拒否につながっているのかもしれないからです。

 

それは、大人にとっては、

なんだ、そんなことなの?

という原因と理由がほとんどかもしれません。

 

しかし、そんな些細なことほど、3歳、4歳の子供には、どう表現していいのか、分からないものです。

 

お母さんが、あまりに追求するから、色々と思い付くことを言ってはみるのだけれど、もしかしたら、それはどれも、核心には触れられていないかもしれないのです。

 

「お母さんと離れることが寂しい!」

という発言の真意までは、誰にも探ることはできません。

 

原因や理由は、「これ」といったことが見つかり、対処できる場合もあります。

 

しかし、まだ入園して間もない子供の登園拒否の場合、その心を代弁するならば、

自分の今まで知っていた世界とはガラリと変わり、それまでの適応能力の範囲を超えた何かが、起きて

いるのです。

 

もしかしたら、この先、それ以上のことが起きるかもしれない、

ママと離ればなれになった今、不安でたまらない。

という心境なのではないでしょうか。

 

敏感で、感受性の強い子ほど、色々なことに気づいてしまいがちです。

 

お子様が登園拒否をしているのであれば、少なくとも、その子は

鈍感で、空気が読めない子

では、ありません。

決して怒らないで!

毎朝、毎朝、もう騒がないで!

 

子供が毎日同じ言動を繰り返すとき、特に忙しい朝では、お母さんも苛立ちを感じてしまうと思います。

 

 

お母さん以上に、子供は、精神的に参っています。

小さな心と身体で、必死に助けを求めています。

 

子供の心の叫びを、どうか、怒ることで押さえつけないでください。

 

原因も、理由も、まずは置いておきましょう。

 

行きたくない、という気持ちそのものを、受け止めてあげてください。

登園拒否の対処法

以下は、私が子供の登園拒否を解決するまでに試したことです。

先生と連絡を取る

娘は、ずっと登園拒否が続く時期もありましたが、おさまったりもしていました。

そして、また何かが起きたときに、ぶり返すという感じでした。
自分ひとりで悩んだり、解決しようとせず、子供が幼稚園にいるときは、先生にお任せしよう、と腹をくくりました。

 

連絡帳を利用したり、直接先生にその時の娘の状態を知らせることで、先生からも注意を払って子供をみていただけるように、なります。

すると、私にはわかるはずもない、些細なことに気づいていただけたりしたことがあります。

 

また「園では、意外と楽しんでいますよ、安心してください。」

と連絡をいただくと、なんだ、心配しすぎだったかも!と、心が軽くなりました。

共感する、思いやってあげる

自分は、大好きなお母さんに受け入れられてる、何でも打ち明けていいのだ

と、子供に安心感を与えてあげます。

 

子供が「幼稚園行きたくない!」と、毎朝100回くらい連呼しても、「そうだね、そういうときもあるよね」と、まずは共感してあげてから、その先の話をするようにしていました。

愛情を伝える

とにかく、何があっても、お母さんはあなたの味方だと、強く心に刻ませます。

 

離れていても、どんなときも、大好きだよ。

心はいつも一緒。

だから、ママと一緒に乗り越えよう!

 

と、毎日伝えました。

ヒントを与える

「もしかしたら、今日幼稚園行ったら、良いことがひとつはあるかもしれないよ?」

「帰ったら、教えてよ!」

 

「同じ気持ちの子が、きっといるよ。」

「お母さんと離れてさみしいね、ってお友達とお話してもいいんだよ。」

 

「連絡帳に、こう書いたから、先生に頼っていいよ。」

「幼稚園では、先生をお母さんと思って、甘えていいんだよ。」

 

とにかく、思い付く限りのヒントを与えるようにしました。

朝のスキンシップ

入園してからは、朝は家庭学習の時間にあてていたのですが、

娘が登園拒否の時期は、家庭学習をストップしました。

 

ソファーに座り、娘を膝の上に乗せて、お話したり、

とにかく娘が好きな遊びを、一緒にしたり、

 

楽しい!安心する!という時間を、登園前に作りました。

笑顔で送り出す

娘が泣き叫ぶ中、バスに乗せるのは、心が張り裂けそうでした。

そんな日は、家事をしていても、どこか上の空でした。

 

でも、とにかく朝は、笑顔で送り出す。

娘に手を振りながら、「大丈夫だよ!楽しんでおいで!」

と、精いっぱいの笑顔で伝えたかったのです。

帰宅後は笑い転げて楽しむ時間

娘が登園拒否の時期は、帰宅後も、気を配りました。

とにかく楽しく過ごすことができるよう、面白いことを一緒にして笑い転げたり、楽しいことを優先して、娘の憂鬱な気持ちを吹き飛ばすようにしてました。

ご褒美を利用する

「今日も幼稚園、行けたねご褒美」を、用意しておきます。

 

明日の幼稚園に持っていく、

  • ティッシュ
  • 新しいハンカチ
  • 娘の好きなキャラクターのパンツ
  • お弁当箱
  • ヘアピン

 

何でもいいのですが、私は、幼稚園に持っていったら気分が上がるもの、を意識していました。

 

これは、本当に特別頑張ったね!という日に限定しました。

ご褒美が当たり前になってしまっても、まずいですので。

絵本の力を借りる

いくら励ましても、愛情を与えても、ヒントを与えても、

うーん、まだ、足りないかな。

と感じたとき、私は絵本の力を借りました。

 

その時の娘の心に響きそう!

という絵本を、片っ端から読み聞かせました。

 

絵本なんて、効果あるの?

と思われるかもしれませんが、効果は絶大でした。

 

よろしければ、こちらをご覧になってください☞子供が登園拒否をしたときに読んであげたい絵本特集【10選】

誰かに相談する

子供の登園拒否を経験されているお母さんは、本当に多いです。

 

幼稚園のママ友、友人、お稽古ごとで会うお母さん。

私は、誰かれ構わず、うちの子の状況を、相談していました。

 

意外と、「うちは、何もなかったよ」というお母さんのほうが、少ないです。

 

悩んでいるのは、自分だけではない。

登園拒否をしているのは、うちの子だけではない。

 

ということが分かるだけでも、心が軽くなりました。

登園拒否は問題行動?

登園拒否は、問題行動だと言われることがあります。

 

本当に捉え方次第ですが、私は、その一言で簡単に片づけてしまうことは、とっても危険だと思っています。

 

幼稚園は、失敗と成功を何度も繰り返し、体験しながら、最終的にはその子自身が、自分のペースで噛み砕いて、その後の社会で生きていくための力を身に着ける場、だと思うのです。

 

お子様のことが心配で、どんな対処法が正しいのか、ネット検索したり、書籍を読んだり、ご友人に相談されたりすると思います。

 

しかし、同じ人間なんて誰一人存在しないように、

正解なんてない、

というのが、私が行きついた答えです。

 

お子さんの心の状態を一番理解できるのは、やっぱりお母さんです。

ですから、お母さんが気のすむまで、色々と試してみればいいのだと思います。

 

娘は、「幼稚園には行かせるべきだ」と無理強いをつづけた時期、「蕁麻疹」、というかたちで身体にサインが出ました。

その時はさすがに、バス登園を一時期やめて、車で送り届けたり、休ませたりしました。

 

先生との連携で、もうそろそろ大丈夫そうだ、となったとき、

「もう、車では送っていかないよ。

幼稚園には、バスで行って、バスで帰ってこようね。」

と、伝えるようにしました。

 

登園拒否は、問題行動かも、しれません。

だからと言って、子供の意思を一切尊重せず、子供の気持ちを無視して、行きなさい、と強要してしまうことは、考えものであると思います。

 

その子にあった対処法が、必ず見つかるはずです。

誰かのアドバイスを鵜呑みにせずに、その子に合ったやり方を、お母さんが堂々と、実行できるのであれば、

「今日は、お母さんもお仕事お休みするから、一緒に遊ぼう!」

そんな日があっても、いいのではないかと思えてなりません。

まとめ

登園拒否は、子供が適応能力を広げるための、絶好のチャンスです。

 

感度の高い子ほど、気付きは早く、それを幼稚園の時期に経験して乗り越えていけることは、ある意味、幸運でもあります。

 

幼稚園の時期に、お母さんと一緒に問題を乗り越え、自分でも考えられる力が付いた。

その状態で、小学校入学を迎えられたら、きっとその先、大抵のことは乗り越えられるのではないでしょうか。

 

むしろ、小学生になって、はじめての壁を経験し、登校拒否が始まったら、問題はもっと厄介になるかもしれません。

 

親の顔色をうかがって生きていく

親にさえ、本当の気持ちを伝えられない

親さえも、助けてくれないのだ

 

そんな絶望感を、どうか大切なお子様に与えないでください。

私達親子の体験が、少しでもどなたかの参考になりましたら、幸いです。

おすすめの関連記事

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪