可愛い、絵が綺麗な絵本カバーの活用法!簡単リメイク紙袋(エコバック)

購入した絵本のカバーを、お子様が取ってしまった。

そのカバー、どうされていますか?

 

我が家は、娘が取ってしまった絵本のカバーの中で、可愛いものは捨てずにとってありました。

いずれ、額に入れて飾ろう。

娘が大きくなったら、またカバーを付けよう。

そんな風に思っていました。

 

そんな中、今日ネットで偶然「絵本カバーを使ったエコバックの作り方」を見つけました。

早速作ってみましたのでご紹介します。

捨てられない!可愛い絵本の絵本カバー

まだ購入したときの状態で、絵本についているカバーもありますが、娘が取ってしまったものの中で、可愛くて捨てられなかったものたちです。

私には、子供がうまれたら「絵が綺麗な絵本、可愛い絵本」を買ってあげたい!という強い思いがありました。

よろしかったらこちらの記事もお読みください☞美しい絵本、絵が綺麗な絵本特集【10選】

 

そんな思い入れのある絵本だけに、特に可愛い絵本のカバーは、なかなか捨てることができませんでした。

額に入れて飾ったら可愛いかな~

何かに使う時がくるかもしれない・・・

そんな感じで、何となく捨てられずにいました。

 

そんな中、ネットで活用の仕方を見つけました。

絵本カバーを簡単リメイク「エコバッグ」

こんな可愛い紙袋を、絵本カバーで作ることができました。

参考にさせていただいたのは、絵本館さんのこちらのサイトです。

 

今回参考にさせていただいた絵本館さんのサイトでは、サイズが細かく決められていました。

絵本カバーには、様々な大きさがありますので、どの絵本カバーにも当てはまるというものではありませんでした。

始めてでしたので、できるだけ基本に忠実に作ってみましたが、「ここはこうしたほうがいいな~」とか、「この工程は少し面倒だな~」という部分もありました。

 

どの絵本カバーにも対応できるように、またもう少し簡単にわかりやすく、どなたでもやりやすいように、私なりの作り方をご紹介します。

作り方

今回使用したのは、こちらの絵本カバーです。

絵本の内容が気になる方は、こちらからどうぞ☞ときめきのへや

 用意するもの

  • 絵本カバー
  • 定規
  • 両面テープ(できれば1㎝)
  • 透明のテープ
  • ボールペン(しるしをつけるもの)
  • はさみ
  • ひも
  • パンチ

手順

1、表の絵のバランスを見ながら裏に線を引きます

※①は同じ長さにします

 

2、両端を切り離します

 

3、紐を2本用意します(今回は1本35㎝使用しました)

※要らなくなった紙袋の持ち手を使用されてもいいですし、麻紐やリボンなどでもできます

 

4、パンチで紐を通す穴を開けます

※パンチは今回は1つ穴用を使用しましたが、2つ穴用でも構いません

 

5、表側から紐を通し、先を結びます

※紐が穴から抜けないように、透明のテープで固定しました

 

6、補強用の紙を作り、両面テープを貼ります

※補強用の紙は、最初に切り離した端の紙の小さいほうを利用します

 

7、補強用の紙を貼りつけます

 

9、右端に両面テープをつけます

※このとき、1㎝より幅が広い両面テープですと、他の所にくっついてしまいますので、注意してください

 

10、赤字のように折り目をつけます

※定規で上からなぞるようにすると、くっきりと折り目がつきます

 

11、9でつけた両面テープで端と端をくっつけて筒状にします

 

12、下から4㎝くらいのところに折り線をつけます

※反対側にも折り、両方に折り線をつけておきます

 

13、折り紙の要領で、この状態になるように折ります

 

14、上下を折って底を作ります

※仮に固定するため、テープで留めておきます

 

15、底に付ける補強用の紙を用意します

※最初に出た切れ端の大きいほうを利用します

※底のサイズより少し小さめ(3~5mm)にします

 

16、両面テープを貼り、底に貼りつけます

 

17、完成です!

アレンジ

使用した絵本カバーの絵本の内容にご興味がありましたらこちらからどうぞ☞ふたりはバレリーナ

 

上記とは別の絵本カバーですが、切り取った部分(余って使わないところ)にまだ可愛い絵が残っていましたので、キーホルダー風にアレンジを加えました。

持ち手の紐を変えたり、様々なアイデアでアレンジしてみてください。

まとめ

お気に入りの絵本が簡単に紙袋にリメイク出来て、持ち歩けるって、ちょっとワクワクしませんか?

こちらの作り方でしたら、10~15分あれば完成すると思います。

絵本カバー、可愛いから捨てるのは勿体ないなぁと思われている、どなたかのお役に立てましたら幸いです。

おすすめの関連記事

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪