子供が帽子をかぶってくれない!帽子嫌いを克服!5分で簡単リメイク

照りつける太陽の下、毎日元気に外で遊ぶ子供たち。

 

こんなに日差しが強いのに、お子様が

帽子をかぶってくれない!

とお困りですか?

 

我が家の娘も、帽子をかぶるのが、大嫌い。

小さい時から、本当に困りました。

 

けれど、今年の夏は、しっかりと帽子をかぶってくれそうです。

 

今回は、帽子が大嫌いだった娘が、帽子嫌いを克服した方法をご紹介します。

お子様が、帽子をかぶってくれなくてお困りの、どなたかの参考になりましたら幸いです。

はじめて買った帽子

こだわりの強い娘。

それは、生まれたときから、ずっとでした。

 

歩けるようになって、公園などに行くようになり、はじめて買った帽子が、こちらです。

かぶってくれたとしても、一瞬で脱ぎ捨て、あとは絶対私が持つことになる。

 

だから、小さくおりたためて、バッグに入る布製のものにしました。

洗えるし、やわらかくて肌にも優しく、とても重宝しました。

 

ただ、娘が帽子嫌いだったため、使用頻度は少なく、新しいものを買っても、それをかぶってくれるかどうかも疑問だったため、5歳になるまで、帽子はこの1つのみでした。

娘好みのものを

これまでは、どうしてもかぶってほしいときにだけ、赤ちゃんのときに買った帽子を買い替えることなくかぶらせていました。

 

今年、5歳になる娘が

「バブちゃんみたいな帽子は、もうやだ!」

「やわらかいのじゃなくて、かたいのがいい!」

と言い出しました。

 

確かに、赤ちゃんのときからかぶっていた帽子でしたし、娘の言いたいことは分かりました。

私も、これまでに何度となく新しい帽子を買おうと娘とともに帽子売り場に行ったのです。

ですが、娘の好みのものが見つからず、購入には至りませんでした。

西松屋のキャップをリメイク

先日、たまたま行った「西松屋」で、娘が帽子を選びました。

 

「絶対これがいい!」

と持ってきたのは、「ここたま」のキャップでした。

 

こ、ここたま・・・・

 

「リボンとかつけて、ここたまより可愛くしてあげるから!」

何とか娘を説得しました。

結局、娘が折れて、無難なデザインのキャップにしてもらいました。

【購入したキャップ】

このキャップのタグを外して、私のヘアゴムについていたリボンが取れたばかりだったので、そちらをくっつけました。

5分でリメイク完成!

娘もとても気に入ってくれました。

【リメイクしたキャップ】

まとめ

最近は、麦わら帽子や布の帽子より、キャップが主流なのでしょうか?

娘は、どうやらお友達がかぶっているから、「キャップがほしい!」と思ったようです。

 

娘は、何に対してもこだわりが強く、下着ひとつでも自分の納得のいくものでないと、身に着けてくれません。

絶対に帽子をかぶってくれない!

という時は、今回の娘のように、

お友達とお揃いにしてあげたり、

お母さん、お父さん、ご兄弟とお揃いにすると、

意外と喜んでかぶってくれるかもしれません。

 

今回私がしたように、リボンや可愛いボタンなどをつけて、リメイクしてあげるのも、おすすめです。

 

お子様が帽子をかぶってくれなくてお困りの、どなたかの参考になりましたら幸いです。

おすすめの関連記事

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪