子育てが辛い!育児から逃げ出したい!今すぐに解放される魔法

子育てや育児に疲れてしまった・・・

もう限界、逃げ出したい・・・

 

子育てや育児から解放されたいという気持ちは、多くのお母さんが経験されているのではないでしょうか。

 

「それは、一生懸命な証拠です。」

そんなこと言われても、何の解決にもなりません。

 

「子育ては、いつか終わる。」

これは事実。

でも、辛いのは、今。

 

衝動的に、この場から逃げ出したい

というとき、みなさんは、どう対処されていますか?

 

こうしたら、解放された!

自由な気分になって、すっきりした!

 

という、今すぐにできる魔法があります。

ご興味がありましたら、参考程度に読んでみてください。

どなたかの参考になりましたら、幸いです。

私は結構いつでも解放されたい

私は、わがままで、自由を好みます。

自分の世界があるので、それを邪魔されると、ストレスを感じます。

完璧主義なところがあり、決めたことができていないと、苛立ちを覚えます。

 

子供が生まれるまで、私は、子供にこんなにも心も時間も拘束されるなんて、考えてもみませんでした。

自分の思い通りにならないことが、立て続けに毎日の生活を支配する育児は、正直恐怖の塊です。

 

相当な辛抱と、根気と、我慢と、覚悟が必要であると、育児をしてみてはじめて知りました。

 

そういう意味で、私は、子育てが苦手です。

 

いつでも解放されたいと、思っています。

 

しかし、一方で、娘のことは大好きです。

生意気だけれど、まだ小さいこの幼児期は、とても可愛くて、一瞬一瞬を見逃したくない、という気持ちも持ち合わせています。

 

お母さんの心は、とても厄介なのです。

 

私は、お母さんになったから、全てを我慢しなくてはいけないとは、決して思いません。

いつもいつも、素晴らしいお母さんでいなくてはいけないなんて、思いません。

 

私は子育てが苦手!

いつでも解放されたい!

と、認めて、誰かに宣言するだけでも、結構スッキリします。

 

ちなみに私は、主人相手に、頻繁に宣言しています。

他人や社会は頼りにならない

「子供は社会が育ててくれる。」

 

「親はなくとも、子は育つ。」

 

そんなこと、まだ誰か、言っていますか?

 

他人も社会も、いざという時には、決して助けてはくれません。

 

子供と接していると、疲れのピークや、イライラのピークが、

あと何日後

あと何時間後

という具合に、予測なんて、できないのです。

 

例えば、子供がその日、一日中機嫌が悪くて、ママがもう限界!っていうピークを夕方に迎えたとします。

あとは、ご飯を食べて、お風呂に入って、寝かしつけるだけ。

今日という一日も、もうすぐ終わる。

よし、もう少し、頑張れる。

 

そんなとき

子:「ママ!ちょっときてー」

夕飯の支度をする手を、止める。

子供のところに駆け寄る。

 

用を済ませて、キッチンに戻る。

子:「ママ!じゃあ、これはー?」

また手を止め、子供に寄り添う。

 

キッチンに再び戻る。

子「あー!ママ!だから、こうじゃなくて!!」

 

もう無理。

生理前でイライラもいつもより増してる・・・

 

そんな時、他人や社会が助けてくれるでしょうか?

 

子育てが限界なのは、

「今、この瞬間」

 

逃げ出したいのは

「今」

 

誰か助けて!って言いたいときは

「今」

なんです。

 

そういうときに、急に子供を預けられる施設って、ありますか?

プロが駆けつけてくれるサービスって、ありますか?

仕事中のパパが、すぐに力になってくれますか?

 

私の経験上、助けが必要なその「瞬間」、誰も駆けつけて助けてはくれません

 

だから、いくら逃げ出したくても、解放されたくても、結局はお母さんが自分で何とかするしか、ないのです。

「大人って、偉そうなことばかり言って、未来を担う子供のお世話をするお母さんたちが困っていても、誰一人、頼りになりませんね」と、いつも、心の中で思っています。




もう限界!今すぐに心が解放される魔法

我が家は、同居はしていません。

そして、5歳の娘がひとりです。

 

その前提で、私が普段している「限界の状態から今すぐに、脱出する方法」をご紹介します。

 

限界を感じる要因は、人それぞれだと思います。

私が、「逃げ出したい!」「解放されたい!」「もう限界!」と感じるのは、こんな瞬間です。

 

子供が、自分からした約束を、守らなかった時

 

なぜだかわからないのですが、私は、この時に、一番怒りを覚えます。

とてつもなく大きいストレスを、感じてしまうのです。

 

では、そんなとき、どうするのか、具体的にご紹介します。

方法は、3ステップです。

その時の感情をそのまま子供に伝えてみる

自分から約束をしたのに、子供が約束を守らないときの我が家の状況です。

 

約束はいつやるのか、促してみます。

子:「今は無理ー!やだー!これやってから!」

しばらく経って、そろそろ行動するように、再度指摘してみます。

子:「待ってー!やっぱりやるのやだー!今日はやめるー!」

 

これで、いとも簡単に、私は限界をむかえます。

「私は今、あなたに言いたいことがあります!」

「今のあなたの状況を、私に当てはめてみます!」

「私には、不満があります!」

 

  • もう、ご飯作るのやだー!
  • お掃除いやだー!
  • お洗濯、したくなーい!
  • 食器洗うの面倒くさーい!
  • お弁当作るのって馬鹿らしい、もうやだー!
  • アイロン自分でやってほしいー!
  • もう、自分の好きなこと以外やりたくなーい!
  • お風呂も誰かと入るの面倒くさーい!
  • もう、全部やめたーい!
  • やだ!やだ!やだー!

 

とにかく、少しでも普段から面倒、嫌だな、と感じていることを、片っ端から並べてみます。

これは、娘の愛読書ふまんがあります」にヒントを得ています。

 

大抵、娘の場合、

「そんなの、やだ!」

「じゃあ、少しいい子になる!」

ってなります。

そこで少し、態度は改善されます。

 

さっきの約束を、ほんの少しでもいいので、やらせます。

すると、私の気分も、少し改善されます。

でも、まだ終わりません。

私は、気が向かなくなると、本当に晩御飯を作る手を止めます。

 

次のステップは、こうです。

主人にメールして状況をシェアする

「あなたの娘の教育に時間を取られたので、今日晩御飯は作れませんでした。」

とか、

「今日はあなたの娘のお世話が大変で疲れたので、洗い物はそのままにしてあります。」

という感じのメールを主人に送ります。

 

ご飯くらい、大人ならどうにでもなりますし、そんな時の主人の返信に、大抵は

「りょ」(了解しましたの略)

とか、

「m(__)m」

という文字のみが送られてきます。

決して、文では、ないです。

これは、たいして何も感じていないときの反応です。

 

あまり反応があっても、メールのやり取りに時間が取られたりして、私的には余計疲れるのですが、主人はこのような感じで、受け流してくれるので、ラクです。

 

私は、ひとりで子育てをしている、という意識がそれまで強かったので、「この子はあなたの子供でもある」ということを少しでも感じてほしくて、私達の日常を、ありのまま伝えるようにしてます。

主人と顔を合わせたときに、「何も育児の大変さを理解してくれない」と勝手にプリプリしているより、思ったことをその時にメールでシェアすることだけで、私の気は静まります。

 

ある日は、こんなメールを送る時もあります。

 

「今から、あなたの娘を幼稚園に迎えにいきます。

今朝、娘が大変でまだ怒りがおさまりませんが、誰も代わりがいないので、そのあとの習い事にも仕方なく私が連れて行きます。

ストレスマックス。」

 

たったこれだけをメールでシェアするだけでも、ちょこちょこと続けていれば、少しは子育ての過酷さが伝わるのではないかと思っています。

主人は、子育ては私任せ、子供の教育に関しても無関心です。

私が主人に何も言わなければ、子供はいつの間にか、大きくなります。

 

ですが、私は、あなたの子供の育児で、逃げ出したいと思うほど、過酷な日々を送っています。

と少しでも伝えることは、私にとってとても大きな意味を持ちます。

 

以前は、休日は家族で過ごしていましたが、最近では少しでも私一人の時間を作るため、子供を外に連れ出してくれるようになりました。

完璧に実行する

さて、私は、ご飯を作る手を止めました。

今日は、もうやめ!

中途半端に、ではなく、完璧に、全てを一気に手放します

 

本当に、ご飯を作らずに、外食するか、何かを買いに外に出ます。

 

もう、キッチンにたまっている洗い物も今日はやめたので、時間が捻出できました。

 

裏庭で、ご飯食べよう!

家の中で、ピクニックしよう!

ご飯食べたら、散歩行こう!

 

どうしたって、娘同伴にはなるので、そこは割り切ります。

そんなとき、私は、思い切って、自分も子供の頃に戻ります

もう、今からは「母」ではなく、私も自由な「子供」。

 

そんな風に、急だけど、今からはもう、何もやらない!

と決めるだけで、一瞬にして、

「子供がいたって、自由でいいじゃん!」

と、心が解放されます。

 

何なら、

「今日、お風呂どうする?入る?」

「何時に寝る?」

「眠くなるまで起きてていいよ」

と言ってみます。

 

意外と娘は真面目なので、

「お風呂は、さすがに入ろうよー」

「絵本読みたいから、早くお布団行きたいよー」

と、言ってきます。

 

でも、そんな日、娘は決まって

「今日は、最高の一日だったね!」

と言ってくれます。




まとめ

私は、子育てが苦手です。

でも、娘のことは、大好きです。

 

子育てが苦手なら、なんで生んだの?と言われてしまいそうですが、

私には、生まれてからしか分からないことが、多過ぎました。

 

しかし、私は子育てが苦手だからこそ、日々、自分の気持ちと葛藤しながら、少しでも楽しく、納得して娘との時間を過ごせるように、工夫しています。

娘のことが大好きだから、少しでも、「いいママ」でいてあげたい、と考えています。

 

子育ては、ひとりでは限界があります。

2人の子供だから、夫婦がお互いに責任を持つのは当たり前。

そう思っています。

 

でも、どうしても、お母さんの負担が大きくなってしまうご家庭が多いのではないでしょうか。

逃げ出したくても、小さな子供を置いて、外に出て行くなんて、私にはできません。

 

そして、誰かが助けてくれるわけでも、ありません。

 

私はワガママで、客観的に見ると、びっくりするくらいどうしようもないお母さんですが、それが私です。

なかなか、人格は変わりません。

 

全てを受け入れて、何とか、私なりに楽しい子育てをしています。

私の成長の体験が、少しでもどなたかの参考になりましたら、幸いです。

おすすめの関連記事

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪