専業主婦の子育ては覚悟が必要。私が外で働かないと決めた理由。

子供が生まれても、バリバリ働く。

 

子供が生まれるまで、私はずっと、何の障害もなく、そういう道を選択できるのだと、軽く考えていました。

 

いざ子供が生まれると、どうやら、外で働くことはそんなに簡単にできそうにない、という状況になりました。

 

身体の不調もありましたが、何より、子育てが思うようにいかなかったのです。

 

今回は、子供が生まれても当然働くつもりだった私が、外で働かないと決めるに至った経緯や理由、また子育てに専念するという覚悟などについてまとめました。

ご興味がありましたら、読んでいただけると嬉しいです。

子供が生まれるまで

私には、夢がありました。

 

その夢の実現に1番の近道であろう職に就き、妊娠8ヵ月まで働いていました。

 

出産して、3ヵ月くらいしたら、子供を預けて職場に戻ろう

そんな軽い気持ちで、仕事復帰を考えていました。

 

私は、子供が生まれるまで、自分は要領がよく、なんでもこなせるタイプだと思っていました。

子育てなんて、楽勝🎶

そんなふうに、簡単に考えていました。

 

しかし、私にとって子育ては、そんなに簡単なものではありませんでした。

「一気に自由がなくなった!」

私は、人知れず、出産当日から、パニックに陥っていました。

 

子供が無事に生まれたことだけでも幸せなのに、不満なんて漏らしてはいけない、笑顔でいなければいけない、と、なぜか本心は隠し続けていました。

夫の理解が得られなくて辛かった日々

娘は、眠りがとても浅く、眠ったとしても30分、長くて1時間寝てくれたらいい方でした。

 

生後4ヵ月から、全く昼寝をしなくなりました。

私は常に寝不足の状態で、思考能力も低下していました。

娘が生まれてからも、毎日、いつになったら働けるのだろう、ということばかり、考えていました。

しかし、まずは自分の睡眠が確保できるまでは、働くなんてできない。

それ程、娘の眠りの浅さには悩まされました。

 

また、妊婦健診のときに見つかった「上皮内癌」の手術が、産後3ヵ月のときに決まっていました。

術後、別の病気にかかり、生理の度に立ち上がれない程の激痛を伴うようになり、とても働きに出る状況ではなくなりました。

その後2度の手術を受け、通院が続きましたが、しばらくは治療の度に激痛を伴い、育児疲れと身体の痛みで、精神が崩壊しかけていました。

 

その間、手助けをしてくれたのは、私の両親でした。

当時は、主人には、なかなか子育ての大変さや、私の身体の痛みに対する理解が得られず、毎日絶望感に苛まれていました。

社会が子供を育てるって誰がいった?

「社会が子供を育ててくれる」

「親はなくとも子は育つ」

娘を妊娠中、私は何人かの大人に、言われました。

 

子供は、社会が育ててくれる。

素直な私は、その言葉を鵜呑みにしていました。

そもそもの捉え方が、間違っていたのかもしれません。

 

しかし、体調が悪くて、身動きもできないとき、助けてくれるのは、自分の両親しかいない。

哺乳瓶を受け付けず、ミルクを一切口にしてくれない我が子に、激痛に耐えながら、母乳を飲ませるのは、この世に私ひとりしか、存在しない。

夫からの協力さえも得られないのに、私以外にこの子を育てられる身代わりはいないのに、社会が育ててくれるわけはありませんでした。

 

一時期、卑屈になった私は、「社会が子供を育てる」なんて、誰が言った?

と、悪くもない相手を心の中で攻め続けました。

自分が責任を持って育てていくという覚悟

そんな辛い日々もありましたが、何年か経った頃には、まるで嘘のように、私の心と身体は改善されました。

 

話し合いを重ねながら、夫からの理解と協力も徐々に得られるようになり、

3歳を過ぎたあたりから、娘の睡眠問題も解消されて、

同時に私の身体も回復してきました。

 

働きに出たくても、出られないという状況は、なんとか脱出できました。

しかし、娘が5歳を迎えた現在も、私は外で仕事をしていません

 

子供とべったりといる時間が増えれば増えるほど、自分の子供は、自分が「手をかけて」「目をかけて」、ちゃんと育てなくてはいけない!

という思いが強くなっていきました。

私は、しばらくは外で働かず、子育てに専念する決意をしました。

まとめ

主人は、子育てに協力はしてくれるようになり、今では「良いパパ」です。

しかし、「子供の教育」に関しては、全く興味を示していません。

 

もちろん、夫婦が同じ思いで「子供の教育」に関心を示すことが一番ですが、あまり主人には期待しないようにしています。

これをしてほしい、あれをしてほしい、と言っていたら、キリがないからです。

 

家にいて、子供と接する時間が多いから、必然的に、子供のことは私が責任を持たなければいけない。

それが当たり前ではない、とは心の片隅で思っていますが、現在の我が家は、そういうスタイルです。

 

私は、「子育てが苦手」だと、自分で思っています。

そう感じているお母さんは、少なくないのではないかと思います。

しかし、「苦手」=「下手」

と、簡単に決めつけないほうがいいです。

 

私には、毎日「一刻も早く、子育てから解放されたい」と願った日々がありました。

「自分の時間がほしい!」と、毎日苛立っていた時期が、長くありました。

しかし、考え方次第で、いくらでも自分の気持ちはコントロールできるのだと、気付きました。

 

娘に手がかかる時期は、この先の人生を考えたら、ほんの数年、一瞬です。

それを考えたとき、この小さくて、頼りない存在の「今この時」に、ずっと一緒にいられて、じーっとそばで見守ってあげられる時間を、私は「自分の時間」として選びました。

 

外に出て働かずに、子育てに専念する。

私にとっては、かなりの覚悟が必要でしたが、このかけがえのない時間を、あと何年か、味わい尽くしたいと思っています。

 

少しでも、どなたかの参考になりましたら幸いです。

おすすめの関連記事

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪