アリの巣はどうなってる?虫好き&夏休み自由研究に最適な観察セット

虫好きな娘に昨年購入した、「アリさんまるごと観察セット」

今年も、あたたかくなり、アリが出てきた頃に、また娘が出してきてアリの観察を楽しんでいました。

 

とっても単純な構造ですが、こんなものでも子供は十分に楽しめるようです。

今回は、虫好きな子や夏休みの自由研究にもおすすめの「アリ観察キット」をご紹介します。

 

どなたかの参考になりましたら幸いです。

アーテック アリの暮らし観察セット

これが、昨年虫好きな娘に購入した「アリ観察キット」です。

必要なもの(アリとエサ以外)は全て揃っていますので、届いてすぐに始めることができました。

セット内容

  1. 本体・・・1
  2. ふた・・・2
  3. アリゲッター上下・・・2
  4. 接続蓋・・・2
  5. 仕切り板・・・1
  6. スポイト・・・1
  7. ピンセット・・・1
  8. ルーペ・・・1
  9. カラー砂(青・赤・緑)・・・各1

こんな使い方ができます

【専用のアリ捕獲器】

専用のアリゲッターで、アリに直接触れずに、アリを捕まえることができます。

※ヒアリにはご注意ください。

 

【別の容器と接続可能】

同じものを購入すれば、いくつでもつなげられるようになっています。

ご兄弟分を購入して、つなげてアリの移動をみるのも楽しそうです。

使用・観察手順

  • 本体を組み立てます

その際、砂がもれないよう、セロテープで3辺全てをきっちりとめます。

  • 本体に仕切り板と接続部ふたをしっかりはめこみます

仕切り板で左右の2つの巣を作り、比較観察できます。

  • 砂を入れます

青・赤・緑の順番で、およそ2.5㎝ずつ砂を入れます。

  • スポイトで砂を湿らせます

水を入れすぎるともれる可能性があるので、気を付けながら少しずつ湿らせます。

  • アリゲッターの上下をはめこみ、ふたの上にのせ観察容器にセットすれば完成です

アリのつかまえ方

  1. アリが好きなエサ(お菓子など甘いもの、木の実、他の虫の幼虫など)を入れて、アリゲッターのふたを開け、中にアリがたくさん入るまで待ちましょう
  2. アリが逃げないように、すばやくふたを回しましょう
  3. 本体にセットして、下の穴があくようにふたをゆっくり回しましょう
  4. アリが容器の中におりてくるのを待ちましょう

実験してみよう

  • アリの観察を一通り楽しんだら、仕切りを抜いてみよう

つまみを持ち、真上にゆっくりと引き上げ、アリの出会いを観察してみましょう。

どんな行動をするでしょう?子供はとっても盛り上がります。

 

  • 違う巣のアリを入れてみよう

巣に入っているアリをよく確かめて、大きさや形、色などが違うアリを探しにいきましょう!

大きさによって強さの違いはあるのかな?

入れたあとは、よく観察して、どんな行動を取るか確かめましょう。

 

娘が4歳のときに購入したのですが、特に困ることもなく、アリの観察を楽しむことができました。

ただ、お友達が遊びに来た時に、興味を持って本体を持ち上げたり、蓋だけを持ったりしたため、中身がこぼれてしまったことが2度程ありました。

もちろん、中のアリも散乱しました。

 

このように、小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、倒してしまう可能性もあります。

アリの観察を楽しむという意味では、何も問題ないのですが、お値段なりの作りという感じです。

倒れやすかったり、餌を入れるときなどにアリが逃げ出さないよう、注意が必要です。

関連商品

今回、我が家が購入したものとは別に、これは良さそう!というものをいくつか見つけました。

参考になさってください。

当たり前ですが、アリの巣の中って、普段目にすることはできません。

本などで知識を得ることは簡単にできますが、実際にアリの巣ができていく工程を目で確認できるというのは、大人でも興味深いのではないでしょうか。

 

我が家は、昨年購入した際、主人も含め親子3人で毎日盛り上がりました。

娘はただ単に「遊び道具」のひとつとして購入した「アリ観察セット」ですが、まとめ方によっては、夏休みの自由研究に十分使えるのではないでしょうか。

 

これをきっかけに、お子様が科学好きになるかもしれません。

アリ観察キットを探されている、または気になっているという、どなたかのお役に立てましたら幸いです。

おすすめの関連記事

The following two tabs change content below.

mii

一児(女の子)の母。子育ては決してうまく行くことばかりではないけれど、この一瞬一瞬は、二度と戻らない。だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。私達親子の成長の体験が、少しでもどなたかのお役に立てましたら幸いです。

はじめましての方へ

子育ては、決してうまくいくことばかりではないけれど「常に上機嫌で、人生を楽しむコツを教えてくれた。」私は、娘にとって、そんな「人」でありたいと思っています。そして、「この一瞬一瞬は、二度と戻らない。」だから、私は娘の「今」「この瞬間」を、味わい尽くしたいと思っています。そんな私達親子の、これまでと、これから。

お子様の読み聞かせ、絵本選びの参考におすすめのサイト♪